飛騨の木のテーブル

色目や木目を見極め3~4枚はぎ合わせたテーブル。一枚板のような存在感とデザインテーブルのようなすっきりとした雰囲気。磨き・塗装にもこだわり、今までのオイル塗装にはない凛とした佇まいに。

飛騨の木のテーブル

ウィンザーチェアにありがちな重たさを取り除き、軽やかで素材感を大切に。背のスポークと脚、座面と笠木を別の広葉樹で作ることでコントラストが美しい椅子に仕上がりました。

ベンチ・スツール

一本の木から作られた、時にはベンチになるスツール。それぞれが独立しているので、今までベンチにあった不便さを解消しながら、ダイニングに合わせることができるようになりました。

フォトツリー

思い出や大切な写真を残す一本の木。子供の成長や家族をそばに感じることのできる身長計です。子供が成長した後もずっとそばに置いておけるように、木立そのものの想像させるシンプルなスタイルに。

カッティングボード

色々な材種が混ざって、形もサイズも不揃い・・・その不揃いの木の持つ魅力を最大限生かし、無駄にしないことを考えて、自然の造形を生かすカッティングボードを作ったら、他にはないカッティングボードが生まれました。