moricara / ONLY

moricara / ONLY

moricara / ONLY

SUMMARY

多種多様な森

森にはさまざま木が育っています。
一点物としてそれらの木をテーブルの天板に仕立てました。デスクサイズの物もあれば幅の広いテーブルもあります。私たちのテーマとしている、その木が持つ魅力を最大限に生かす。一番かっこよく見えるハギ合わせを目指して制作しています。

どんな樹種がいつ、どのくらい出てくるのかわかりません。
材料ありきの制作となるためサイズオーダーはお受けしておりません。制作済みの在庫をお取引各店よりHPで在庫をご覧になって頂けます。

樹種
白系 栃 水目桜 板屋楓 ウリハダカエデ ハン コンテツ
赤系 朱里桜 ホエビソ桜 香椿(チャンチン) アズキナシ ケヤキ 
黄系 キハダ ニセアカシア


ころび脚 ブナ

STORY

一番かっこよく見えるよう

もともとmoricaraは注文がしやすいことがウリのオーダーシステムでしたが、一点物のハギテーブルをつくる。そう思わせてくれる板がありました。

購入した山桜の丸太に隠れていた「朱里桜」山桜よりも赤みが強く白太(辺材とも呼ばれる樹皮に近い部分)が白く本当に綺麗な板材料でした。でも山桜じゃないからと倉庫の片隅に立てかけられたまま。moricaraをスタートさせて4年、森のこと木のことを学ぶうち、森にはたくさんの木が育っていて、森に生える木が山桜・栗・クルミだけでなない事や今のシステムのままではすごく綺麗な丸太があっても取り扱っていない樹種だから買えないという状況に違和感やもどかしさを感じるようになっていました。

森の現実を見てもらおう。
一番かっこよく見えるテーブルをつくろう。
倉庫の片隅に立て掛けられていた「朱里桜」をそんな思いでテーブルに仕上げ展示会に出しました。初日の朝いちばんに来たお客様が購入。売約済みにもかかわらずそのテーブルが欲しいというお客様があとをたちませんでした。